AK-74M

本体価格 41,000
2009年3月18日実装
階級制限:伍長2以上
ak742.PNG

AK-74Mは1991年にソビエト連邦で開発された5.45x39mm弾を使用するアサルトライフルであり、
AK-47の後継であるAK-74の近代型バージョン。
AK-47 MK.IIと比較して一発の威力が低く、移動しながらの射撃の反動は強くなるものの
連射力は高く、静止時、特にしゃがみながら完全に静止した状態での射撃は低反動と高い集弾性を誇る。
そのため運用方法はAK47とは大きく違ってくるので注意が必要。
尚、この銃のカスタムであるシャープシューターバレルは他の銃と違い連射+1である。

カスタムショップ

パーツ名 価格 攻撃 射程 精密 安定 機動 連射 弾数 備考
~本体 41,000 39 50 72 35 45 47 30  
F レーザー
サイト
1,000     +1   -1     前方にレーザーを照射することで
命中率が上がる。
M ACOG(x4) 1,600   +6           ズーム倍率の高いドットサイト
B シャープ
シューター
バレル
1,200     +2     +1   より精密な射撃を可能とする
カスタムバレル
  ライフリング
強化バレル
1,000 +3     -1   -1   ライフリング部分を改造することで
威力が上がるが、射撃時の反動は
増加し連射性能が減少する。
T メカニズム
改善
1,000     -1     +1   連射性能が向上するが、
連射時の命中精度が低下する。
  ベテラン
メカニズム
1,000     -1 +2       連射後のスプレッドの回復は早くなるが
正確な射撃がやや困難になる。
G ウェイト
グリップ
1,000       +1 -1     重心は安定するが重量がやや増加する。
S ライト
ストック
800       -2 +2     ストックを軽量化することで移動速度が
上がるが安定性が減少する。
  リコイル
コントロール
ストック
1,200       +1       射撃時の最大反動値が減少する。
最大値 48,000 42 56 75 39 47 49 30 各項目毎の最大値です。

カスタム例

  • しゃがみフルカスタム (7,000)・・・レーザーサイト、ACOG、シャープシューターバレル、メカニズム改善、ウェイトグリップ、R.Cストック
  • しゃがみ節約カスタム (3,200)・・・レーザーサイト、シャープシューターバレル、メカニズム改善
  • レレレカスタム (2,000)・・・ライフリング強化バレル、ベテランメカニズム

ステルスF35メンバーのカスタム



  • 最終更新:2012-08-29 13:27:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード