PM:MP5A3

MP5A3

初期に支給されるPM武器。
ドイツのヘッケラー&コッホ(H&K) 社がH&K G3のバリエーションとして1960年代に開発した短機関銃(SMG)で、MPとははドイツ語で機関拳銃(短機関銃)を意味する“Maschinenpistole”の略称の事。
MP5のバリエーションの1つでA1の改良型、銃身を「フローティング・バレル※1」化して命中精度を向上させたモデルの事をMP5A3と呼ぶ。
英語風にマシンピストルとも呼ばれ、日本でも機関拳銃、機関短銃と呼ばれることがある。
日本の公的機関では同銃を"機関けん銃"と称している。そんな呼び名聞いたことないよ…

MP5A3.jpg9mmLuger.jpg
MP5A3              9mm パラベラム弾


製造国    ドイツ
設計・製造  H&K社(ヘッケラー&コッホ)
口径     9mm
銃身長    225mm
使用弾薬   9x19mmパラベラム弾
装弾数    10,15,20,30,32発
作動方式   クローズド・ボルト撃発
       ローラー遅延式ブローバック
       (自動装填方法の事。詳しくはWikipediaで"ブローバック"を検索し「4.2.2 H&K社ローラー遅延式機構概説」参照)
全長     550mm(ストック展開時700mm)
重量     3.08kg
発射速度   800発/分
銃口初速   400m/s
有効射程   200m

動画



※1 浮き銃身の事。ぴったり嵌っているのではなく1〜2mmの隙間があり、命中精度を高める効果がある

  • 最終更新:2012-04-02 21:33:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード