RM:L85A2



800px-DM-SD-98-00176.jpg


L85A2 bunkai.jpg


文章は主にA1のことですが、A2にかかわるものです。

イギリス軍が1985年に制式採用したブルパップ式の突撃銃。イギリスのRSAFによって開発・製造されていたが、RSAFが同国のロイヤルオーディナンス社の子会社となって以降は、ロイヤルオーディナンス製として生産・供給されている。
 1960年代、西側陣営の制式弾が7.62mmNATOから5.56mmNATOへと移り変わる中、イギリスもFALに替わる次世代突撃銃の開発を始めた。しかしイギリスは7.62mmNATO採用時のアメリカのゴリ押しで痛い目を見ていたため『もうアメリカの弾は信用しない』とばかりに、独自路線で4.85mmx44弾を使用する試作銃を作り、導入試験まで進めていた。ただし、機関部はアメリカ製のAR18をベースとしていた。

 しかし既存のメカニズムを流用した割に、独自路線に走り過ぎたためか開発は難航。XL64(通常型)、XL65(XL64のSAW型)、XL68(左利き型)、XL69(XL68のSAW型)と、試作の種類だけ豊富になるも採用には至らなかった。やがて1980年代に高性能な5.56mm弾「SS109」が登場し、『ベルギーのSS109ならイギリスの4.85mmより優れている』との評価が下されると、あっさり採用弾の変更が行われて、XL70(通常型)、XL73(XL70のSAW型)が試作される。そして1984年にようやく実用化されたのがL85A1である。
 長銃身とバイポッドを備えたLSW(Light Support Weapon;分隊支援火器の意)タイプも作られ、L85とL86LSWの両銃を指す総称としてSA80(Small Arms for 1980s:1980年代の小火器)とも呼ばれる。

 SA80はブルパップとしたことから、いわゆるカービンと呼ばれる開発当時の小型ショルダーウェポン群と比べても、とりわけ小型であった。しかし、その構造上、射撃は右利き射手に限定され、他国のブルパップライフルのように排莢方向のスイッチなどは行えず、左に構えての発砲は不可能である。各種操作も特異で、射撃モードは機関部左側面のセレクターレバーによってセミ/フルが選択可能だが、セイフティだけはクロスボルト式のものがトリガー付近に別途設けられた。また、ボルトストップを解除する部品が左右に設けられているものの、なぜか配置は非対称で、左がボタン、右はレバー式と操作も異なっている。
 照準装置は従来のアイアンサイトも用意されたが、SUSAT 4倍照準器を標準とすることで、短小なブルパップゆえの照準線の短さに由来する照準性能の不安を解消している。しかし、もともと重量級のスチールプレス製ボディにスコープという組み合わせもあって、4kg超というフルサイズ小銃並みの重量となってしまった。射撃安定性は増すように思われるが、それを評価する声は聞かれない。
 SA80は1985年からイギリスの陸・海・空軍全てに導入が始まったが、ジャム頻度や故障率の高さ、操作性の悪さ、整備性の悪さなど問題が続出した。イギリス特殊部隊SASでは、早々に見切りを付けてM16のディマコ社(現コルトカナダ)製ライセンスモデルである「ディマコ C7」に乗り替えている(この点については元SAS隊員のアンディ・マクナブが、著書「ブラヴォー・ツー・ゼロ」のなかで言及しており、「SA80はロールスロイスだ。ただし試作品の」と皮肉っている)。
 1990年の湾岸戦争を経た後は、様々なトラブルや50以上の欠陥を指摘する公式なレポートが発表されている。この「LANDSETレポート」とよばれる英国防省公認の文書では概ね「L85A1及びL86A1LSWは、砂塵に塗れ易い環境下では、頻繁な作動不良を起こすほど機械的な信頼性に乏しく、潤滑性に非常に欠ける」としており、欠陥については特に「マガジンキャッチは衣服に容易く引っかかってマガジンを脱落させてしまい、ファイアリングピンはフルオート射撃時には折損しやすく、連続使用に適さない」などとしている。
 そんな不評のL85だが、周りの意見など意に介さない英国気質か、2020年頃まで主力火器として使用し続ける事が既に決定している。ただ、さすがに不満の声が多かったのか、2000年にはH&K社に依頼して大幅な改修を加えたL85A2へと更新された。そのA2型も『L85A2になって、ようやく世界標準水準に近くなった』との評価が多く、まだまだ問題のある銃の様である。


225px-30-30.jpg

5.56mm NATO弾



種別 アサルトライフル
口径 5.56mm
銃身長 495mm
ライフリング 6条右転
使用弾薬 5.56mm NATO弾
装弾数 30発(箱形弾倉)
作動方式 ガス圧利用、ターンロックボルト
全長 785mm
重量 3,820g(L85のみ)
4,980g(弾倉に30発装填、4×SUSAT装着時)
発射速度 610~775発/分
銃口初速 940m/秒





意外とやさしい音。






  • 最終更新:2012-08-23 01:41:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード